魚は星を見る

趣味で漫画を連載してます。あとTRPGとか博物館の話。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

ゴッホとゴーギャン展

東京都美術館にて開催中の「ゴッホとゴーギャン展」に行ってきました。
いつも通りレポートです。



ゴッホといえば「星月夜」。あとひまわり。
ゴーギャンに至っては誰?というレベルの知識でした。
それを同行してもらった姉に言ったら

姉:ゴッホとゴーギャンは一緒に暮らしてたんだよ。

と、流石姉。と言わざるを得ない、博識ぶりを見せてくれました。

山川:へえ~すげえや。どこでそんなん知ったのよ。
姉:ヤングガンガンの「ゴッホちゃん」って漫画。


私の感心返せ。


そんなわけでこの展示、
ゴッホが引っ越しをする前・ゴーギャンと共同生活・ゴーギャンが出て行ったあと
という流れになっておりました。

二人の絵の変遷が見られるだけでなく、ゴーギャンとゴッホ二人の
「何に着目しているか」「影響を受けたか」「絵のタッチ」
などを比較することができ、非常に面白い展示でした。
それぞれを比べることでその特徴があらわになると言いますか。
二人が互いに影響を受けている様子も興味深く感じました。

流石に最初にあげたような有名な作品はありませんでしたが、
二人が相手をイメージして描いた椅子の絵はすごく印象的です。
また、ゴッホの入院?中の絵が独特で、絵のタッチや色遣いなど美しかったです。



とまあ真面目に絵の感想を書きました。
ここから先が私のお伝えしたいことです。



音声ガイドってあるじゃないですか。五百数十円するやつ。
こういうのって「その場限定」なので、借りることが多いんです。
今回の音声ガイドはですね、声が

小野大輔さん(ゴッホ役)・杉田智和さん(ゴーギャン役)

役???????

私のイメージだとナレーションを誰かがやってる感じなんですが、
これは違うんです。日記を読むようにしゃべるんです。
最初は超不安だったのですが、これがとにかく面白い。

文字でも色々と解説が載っているとはいえ、
声優さんの声でストーリーが進行していくとすごく心に残ります。
適当なこと言っているイメージの杉田さん(ゴーギャン)がゴッホに
困らされている様子とかもう、もう面白すぎます。
ゴッホはゴーギャンと「破局した・・やり直したい」とか言ってて
表現の問題ですけどちょっと気色悪かったです。笑えます。
そして繰り返し登場する、ゴッホの弟「テオ」。
この人が一番可哀想なんです。
多分ガイド聞いてる全員がテオのことを忘れられない。

ゴッホが病んだりゴーギャンが離れて行ったり・・
悲しいなあと思いましたがその後も手紙のやり取りをしており、
それを音声で聞くとなんとも心温まるんです。
友情を感じるんです。声優さんってほんとすごいですね。

絵を見るのももちろん楽しかったです。
ですが音声ガイドの方に夢中になりました。
画家さんに感情移入すると、絵を見るときの気持ちも大分変ります。
もし観に行こうと思う方いましたら、是非ガイドを借りてみてください。

ちなみに平日の午前中でも混んでたので注意!
12月18日までの開催となります。



☆おまけ☆
ポムポムプリンと何故かコラボしていて、
可愛かったので付箋買っちゃいました。
fc2blog_20161111095109fc2.jpg
fc2blog_201611110951297ff.jpg
スポンサーサイト
【 2016/11/13 (Sun) 】 趣味 | TB(-) | CM(7)

ダリ展

「国立新美術館」で行われている「ダリ展」に友人と行ってきました。
今回はそのレポートです。


ダリといえばあの、木の枝に干されてる時計が有名ですよね。
タイトルは未だ知りません。
むしろそれくらいしか知らないで行ってみました。

作品数は流石国立新美術館。
※国立新美術館は、常設展のない美術館です。
 広いスペースを企画展に全振りしてます。

数も多いですし、他の美術館の企画展ですと
「○○展」でも○○以外の作品が結構混ざってます。
ダリ展。ほぼダリで構成されてます。
ダリがぱk・・リスペクト、インスパイアされた元の作品はありましたが、
ダリが描いた絵と二つ並んでいるのを見て
「あっコレ許されるんだ・・。」
と、二人で思いました。

とにかく色んな作品を観てきたんですが、
あのぐんにゃりした時計の絵はありませんでした・・。残念です。
※あの時計は柔らかいカマンベールチーズから発想を得たそうです。
 どういうことだろうか。

同じシュルレアリスムのマグリットと比較して、
マグリット: 仲間内で絵の話しまくり/ダリ: 仲間と諍いが絶えない
みたいな差がありつつも、二人とも奥さん大好きなところが興味深かったです。
個人的な感想としては、ダリは一般受けしにくいというか、
マグリットの方が分かりやすく楽しかったのでお勧めでした。


一番驚いたのは、あのウォルトディズニーと映画を作っていたことです。
他にも実写映画や舞台も作っていましたが、やはりディズニーの絵で
あの世界観を表現されるとなかなか趣深くあります。
まっっっったく意味は分かりませんでしたが。
私の中でイチオシはここかなと思います。

総合的な感想として、なんというか私には難しかったです。
時計なかったし。←超時計推し
あと、音声ガイドは個人的にお勧めできません。
ただ淡々と情報をくれる系の方が好きです。
なんかちょいちょいジョークが入るのがきつかったです・・。

ちなみに混み具合ですが、土日の午前中にはすんなり入館できました。
映像作品が混みあっていて見るのが大変でしたが、まあまあ混んでいるレベル。
午後に通りかかったら入館待ちの列がずらっと並んでいましたので、
行くなら午前中がお勧めです。
このダリ展、12月12日まで開催しております。
ご興味を持たれた方は是非どうぞ。

なお、同美術館にて来年3月よりミュシャ展が開催されます。
こちらも観覧予定です。友人曰くミュシャはめっちゃ混むそうですが。
【 2016/11/02 (Wed) 】 趣味 | TB(-) | CM(2)

カービィカフェ&ミュージアム

カービィカフェ東京に行ってきました!
今回はそのレポートです。


カービィカフェ東京はソラマチにあります。期間は、10月30日まで。

開店前の整理券配布ですが、押上駅のB3出口を出て左に行くと待機列がありますのですぐわかります。
なお、整理券は9時に配布が始まりますが、それ以前に来ないと間に合いませんので注意。
※カフェの整理券と物販の整理券は別です。
※また、整理券の時間を選ぶことはできません。朝ならんで夕食に来る。ができません。

平日の7時15分に待機列に並びましたが、この段階ではそんなに人数はいませんでした。
折り畳み椅子に座ってる人がちらほら。
みなさん読書やゲーム、スマホをいじって時間潰しをしていました。

今回はカフェ12時~13時の整理券をGET。
その後、向かって左の方へ移動し、ショップ10:30~11:00の整理券を貰いました。
どちらも早く済むのでかなりホクホクです。
※ちなみに。書かれている集合時間までに待機していれば、
 番号順に整列することになります。番号が早くても遅れてしまうと列の後ろになります。



整理券を貰えなくても、カフェ横のスペースでガチャガチャができます。
あと、CDを買うこともできるのでCD目当ての方は早起き不要です!
fc2blog_20160920155542762.jpg
こんなぬいぐるみや
fc2blog_201609201556238d7.jpg
こんな看板が置いてあります。


ショップです!
fc2blog_20160920155652fb8.jpg
限定グッズ以外にも色々な商品があります。
むしろ限定グッズは売り切れの嵐でした。
一番欲しいものが無くてやけくそになって使いもしないトートバッグを買いました。
2000円以上購入するとショッパーをくれます。
ショッパーを使いたくない方は言えば別にして渡してくれます!


カフェは外装だけでも可愛いです。
fc2blog_201609201558090f9.jpg
内装もすごく可愛いです!!!
fc2blog_20160920155747c10.jpg
予定時刻より早めに待機し、メニューが渡されます。
入店前に注文をして、案内をされる形になります。

席にはねんどろいどカービィが出張にきてます。このスタンドも欲しいー。
fc2blog_2016092015571748a.jpg
食事メニューを注文するとクリアフィギュア?を貰えます。7種類ありランダムです。
・・・・2つ貰ったところ、両方同じ(しかも一番要らないヤツ)でげんなりしました。


夢の泉スパークリングカクテル(ノンアルコール)
グレープフルーツ味ですが、そんなに酸っぱくなく甘めです。
※マドラーは持ち帰り不可です。
fc2blog_20160920155832e4f.jpg
ウイスピーウッズのプレート
量があり、かなりがっつり系です。
fc2blog_20160920155902ebc.jpg
ワドルディのハヤシライス
滅茶苦茶美味しい!んですが、ご飯の量が少なくてこれだけだと足りません。
デザートも食べてちょうどいいくらい。
fc2blog_20160920155926702.jpg
カービィパンケーキ
上のクリームだけでなく、メープルっぽい味がしたので甘めです。
そして量があります。
fc2blog_2016092015595485f.jpg
二人で各食事・デザート・ドリンクを頼んだところ、7400円・・食べ放題いけるやんけ。
でもどれも可愛いし味も美味しいしで大満足でした!
もう一度行けるなら行きたいです。・・・・朝早いけど。
正直一番食べてみたかったポップスターのカレーが、いつまでたってもカミングスーンで悲しいです。


そのまま、上野「ヤマシロヤ」にて行われている
「カービィミュージアム」にも行ってきました。
無料で見れますが、期間が短いので注意!

ここでも一番目当てのグッズは売り切れでした・・。
というか、2000円以上購入で貰える「チケット風クリアしおり」が欲しかったのですが、
その日のうちに無くなったようで・・。
朝サイトを見たらあったんですけど、食事前に再度見たら「終了」に。間が悪い。

fc2blog_2016092016003290d.jpg
このイラスト可愛い。
ミュージアムには「過去作品のポスター」「過去販売したグッズの数々」「イラスト」「サイン」「ゲームパッケージ(海外版も!)」などが展示されており、これらは撮影OKになっています。
「設定資料」に関しては撮影NGでした。が、見るだけで楽しめます。
ゲームのBGMが流れておりウッキウキでした。
・・・・・グッズ欲しかった。

fc2blog_20160920160110faf.jpg
このぬいぐるみがやけに可愛かったです。夢の泉のグッズっぽい。




というわけで、ショップ・カフェ・ミュージアム全て
一番欲しいものが無い状態でしたが、
行くだけでもすごく楽しめました!
朝並ぶ覚悟は必要ですが、お勧めです!
私の情報が少しでもお役に立てればと思います。
【 2016/09/22 (Thu) 】 趣味 | TB(-) | CM(2)

ピクサー展

今回は「東京都現代美術館」で開催中の「ピクサー展」に行ってきました!
この日のために一部のピクサー作品を借りてきて観返しました。

それではレポートです。



【1:入館情報】

清澄白河駅から徒歩10分程度。
チケットは大人1500円。
集団がいてわかりにくかったのですが、美術館一階中ほどで販売してます。
音声ガイドもありましたが、映像鑑賞が多いので借りておりません。

平日の午後に行きました。
そこそこ人はいましたが、激混みではなくて一安心。
物販が酷い混雑。と聞いていましたが選びさえすれば購入はスムーズでした。
入ってすぐの年表ですでに並んでいましたが、
あんまりじっくり見る内容ではないので、さらっと流せばいいと思います。


【2:展示】

最初に通る廊下の窓のバズがやたら可愛い!テンション上がります。
展示物も面白いですが、「ピクサー作品の作成過程」
に重きを置いた展覧会でした。
驚いたのは、声の演技を先にしてそれに映像をつけるということ。
他にも意外にストーリーを作るのに時間を割いてるんだ、などなど
製作過程のアレコレを知ることができます!
子ども向けではありません。
一応絵の展示もありますが、あくまで「製作過程の様子」を見るものです。
ウッディの初期案を見て、ほぼ悪役で作られてたんだなーと感じました。
トイ・ストーリーの展示は気合が入ってます。
その分混んでましたが。
スタッフのインタビューが流されていて、正直全部を見ていると
足が辛かったので一部だけ見ましたがそれも面白かったです。

「トイ・ストーリー ゾートロープ」というコーナーが恐らく一番人気のコーナーです。
少しずつポーズの違う人形を円状に並べ、回転させると・・。
平面ではよくある錯視アニメーションですが、立体で見たのは初めてです。
ここが一番楽しかったです。場所が見逃しやすいので注意。

ショートフィルムコーナーでは、ピクサーの過去作が見れます。
日によって上映作品が違います。
残念ながら私が興味を持った作品は来月でした・・。

アートスケープ。説明が難しいのですが、展示されていた絵がアニメーションになって
ピクサー作品の世界に入り込んだ気分になれます。
これ、すっごい酔います。
座っていれば少しマシかもしれませんが・・席が少ないので。
私と同様、途中で離脱している人がちらほらおりました。

最後はトイ・ストーリー以外の作品の展示がちょこちょこあります。
全部は見ていないので、サクサク進めました。
というかここは混んでません。
立体物はどれも面白いので、知らない作品でも楽しめました。


【3:グッズ】

オリジナルグッズ、滅茶苦茶いっぱいありました。
時計とかすごい可愛いんですけど、値段が高くて。
あと、イマイチ限定グッズなのかわからないものがちらほら・・。
図録は買う予定だったのですが、絵の展示以外が魅力的だったので
一部の気に入った絵だけポストカードを購入しました。
名前を入れてもらえるiPhoneカバー(6対応)がすごくよさげでした。


【4:感想】

評判があまりに良すぎて、期待しすぎたかもしれません。
作品関連の絵を見れる!ではなく、
作成過程が分かる!展示です。
あとはグッズが充実している。とか、
ショートムービーが見れる。とか、
そんなところがこの展示の魅力でしょうか。
作品を知らない方はあまり楽しめないと思うので、
先にピクサー作品を見ておくことをお勧めします。
特にトイ・ストーリー中心ですので注意。



そんなこんなでこのピクサー展、5月29日まで開催しておりますので
みなさんも機会がありましたら是非どうぞ!
【 2016/04/28 (Thu) 】 趣味 | TB(-) | CM(0)

ギャラクシティ【プラネタリウム】

先日、西新井駅近くの「ギャラクシティ」という施設でプラネタリウムを見てきました。
というわけで施設とプログラムへの感想を書いていきます。


【ギャラクシティ】
小学生以下限定の場所ばっかりでした。
当然の如く子ども向けの施設。
私たちにはプラネタリウムくらいしか用のある場所はありませんでした。
でもすごく賑わっていて、子どものいるご家庭ならすごくいいところだと思います。
逆に言えば滅茶苦茶混んでいたんですが。
西新井駅には初めて降り立ちましたが、
デイリーヤマザキが三つもあって笑いました。


【プラネタリウム】
一回分の価格が500円。
800円の一日券を買えば一日中プラネを見られます。
当然一日券を購入。
最初は「チケット買えるかな?」と不安だったのですが、杞憂でした。
正直結構なガラガラ具合で・・。
朝早くいかなくても普通に一日券買えます。
プラネと言えば後ろの席が人気ですが、
こちらの後ろの席はリクライニングしません。
真ん中の席が人気の印象でした。
カーペットの上に寝転んで見ることのできる「桟敷席」があるとのことですが、
ぶっちゃけどうやって使うのか分からなかったので使ってません。
有料なのか、自由に入ってよかったのか・・。
次回はスタッフの方に聞いてみようと思います。

【プログラムへの感想】
●アニマルライフ
動物の映像 ←うん
星空はでない ←・・うん
動物の映像を進めたり巻き戻して躍らせる: ←は?
ライオンが歌う: ←許さん
という、とっても意味不明な番組でした。
普通に動物映像流して「こういう習性があるよ!」ではダメだったのか。
一言でいえば「MAD動画」としか言いようがありませんでした・・。

●ファミリー番組「こんやのほしぞら」
普通の星座解説です。
ギャラクシティから見える空を映すあたりが、この施設独特ですね。
星座や神話のお話など、一般的なプラネの内容でした。
ただ、内容が子ども向けなので20分という短さなのが残念。
私はおとめ座なので、おとめ座の人物はデメテルの他にもモデルがいます、
という話は非常に面白かったです。


●ファミリー番組「まくまくんの星空大冒険~春の星座~」
よくわからない映像作品。
サイレントで行われるまくまくんの冒険。
解釈は謎のまま終了し、唐突に星座の話に。
まくまくんどこ行ったの・・?と思ってしばらくしてから、
小窓に映るまくまくんの図。無表情。そして何もせず
フェードアウトしだして笑いそうになりました。
まくまくんとはなんだったのか。
あと最初に、ギャラクシティから宇宙に移動するよ!という
流れだったのですが、特に説明もなく画面に映りこむUFO。
その後一切現れることもなく終了。
ツッコミが多すぎて違う意味で面白かったです。


●星空解説「チリ・アカタマでみられる星座」
これを見て初めて気づきました。
これだけ見ればよかったんじゃね?・・と。
星の見つけ方、星座の関連性、神話・・など
プラネタリウムとして大満足な内容でした。
コニカミノルタ的なオサレプラネもたまにはいいんですけど、
私は星座の話が聞きたいんですよね。
春の星座は色々と思い入れがあるので楽しかったです。
またこの「星空解説」見に行こうと思います!
ですが、土日しかやっていないようなので注意。


●大型映像番組「銀河鉄道の夜」
各地で上映されている、人気のプラグラムです。
この作品の主題歌「one night」という歌が好きで、楽しみにしてました。
とても映像が綺麗で、非日常感が味わえます。
銀河鉄道の夜を映像化したのかな?と思っていたのですが、
文章や会話は一部分を切り取って出てくるだけでした。
なんとなくですが、原作を知らない方がこれは楽しめる気がします。
深いこと考えず映像を眺めるのがお勧めです。
というか最後に「原作を読んでみませんか?」。
読んでない前提か!
とりあえず見ることができて満足です。安かったし。



というわけで800円で5本の番組を見ました。
これだけプラネを見続けたのは初めてです。
すごく満喫しました!
星の名前が入ったHNでブログ名も「星を見る」なのに
今更プラネの話をする山川、無能。
【 2016/04/14 (Thu) 】 趣味 | TB(-) | CM(2)
検索フォーム